うたうばけもの

ソウルフード/Fireloop

東京と

 

 

07/25 東京・キネマ倶楽部

THE SALAリリースツアーファイナル

f:id:Takuya_soulfood:20180725012421j:image

 

 

ソウルフードは一路、東京へと向かっています。

ついこの間、後輩のバンドの手伝いで東京に行ったんですけど、改めて忘れていたものに気付いて。

 

バンドで東京にライブをしに行く事

勿論、お金と時間が掛かるという事

運転手がいるから道中眠れるという事

その時間が浪費になるかもしれない事

そうならない事を知っている事

信頼があるから楽しみにして行ける事

 

 

 

初めてバンドで東京へ行ったのは19歳でした。

八王子RIPS、志津sound stream、何の成果も出せない2日間だった事を覚えています。

 

大学を辞めたその足で向かった二度目の東京は20歳の夏でした。

お世話になった人の企画、意味合いを付けてもらった初めての遠征。

朝まで飲んだビールはどんなアルコールよりも美味しかった。

 

 

経て、経て生きている。

何度目か分からなくなった東京、当たり前のように機材車で眠る不甲斐ない自分、全部やらせてもらっているんだ。

THE SALAについて考えていると、人間の持つ力がどれだけ大切か、思い返すことができるのです。

忘れたくない事を忘れない為に、明日のTHE SALAツアーファイナル、臨みます。

 

 

 

 

 

 

 

そして、2日目。

東京・立川BABELにあいくれのドラムとの縁あって、呼んでいただきました。

 

f:id:Takuya_soulfood:20180725013214j:image

 

 

 

あいくれは初めて知った時からずっと好きだったバンドです。

「バスタブに愛を溜めるから、悲しみを脱いで待っていて」

こんな事を歌詞に出来るバンドは、まちがいなくあいくれだけだと思います。

バンドマン・ライブハウスマンはチケット代無料、この響き何処かで聞いた事があるなあ、、

 

 

 

誰がが作ってくれたから。

誰かが待っていてくれるから。

そこにライブハウスがあるから。

 

僕がソウルフードというバンドに居させて貰っているから。

 

ひとつの偶然もない、人との縁と感謝だけで運ばれていく身体と心です。

 

 

待っていてください、会いに来てくださいだなんて月並みな言葉でしょうか?

真実を歪めてまで美しい言葉で飾るのが正解でしょうか?

 

 

たったそれだけの事、僕達はバンドマンで、ライブハウスにライブをさせていただいている。

明日も明後日も、その一瞬、音楽という形の無い芸術をあなたの握り拳で形にして下さい。

そしてどうか願わくば、その一瞬が大切な生活の一部になりますように。

 

 

何にも出来ないけど、真っ当ですら無いのかもしれないけど、それでも生きて今日まで辿り着いたのです。

観てて下さい、お願いしますね。