うたうばけもの

ソウルフード/Fireloop

明日が始まりだとしても

 

どうしても今日が最後の日であることに変わりはないのだ。

東京という場所で命を燃やす、音楽を鳴らす、「その形」をした僕らが生きる事に、変わりはないのだ。

 

2012年8月4日

僕の知らない、1人のロックスター最後の夜から

 

2014年8月4日

僕のよく知る、1人のロックスター始まりの夜を経て

 

2017年8月4日

 

ひとつの終わりと、新しい4人の旅、そのスタートラインを踏み越える夜に

 

 

 

明日が始まりだとしても、明日が終われば昨日に、そうすればまた明日が始まって今日が終わるだけの些細な生活で、夢を見ているだけの人生です。

 

 

 

 

闘えロックスター、その人生はうつくしい。